プログラム 組めるだけ

単にプログラムが組めるだけのスキルでは話にならない

サーバー

 

プログラマの中には仕様書や設計書に書かれた通りに
プログラムを組めばいいと思ってる人も多いと思う。

 

確かに、プログラマの立場であればはそれで全く問題が無い。
仕様書や設計書に書かれた通りにプログラムを組むのが、
プログラマの仕事だ。

 

しかし、プログラム組めるだけのスキルしか無いと
将来、あまりに仕事が出来なさすぎて詰んでしまう事になる。
何故ならSEになった途端にヤバくなってしまうからだ。

 

実際、オレはプログラマを辞める前に
一度だけSEとしてプロジェクトの仕事を任された事があるのだが、
普段からIT技術の勉強なんて全くしていなかったオレは窮地に立たされてしまった。

 

客先に打ち合わせにいっても、
上司や先輩の話を聞いても話の半分近くが理解できなかったのだ。

 

SEはプログラムが出来ればOKというわけではない、
客先の要望をかみ砕き、システムに落とし込むためには様々なスキルが必要だ。

 

例えばサーバーに対する知識。
このぐらいのサーバー構成ならどのぐらいの負荷に耐えられるのか?
耐えられなかったとしたら、どう改善すればいいのか?
どういうサーバー構成にすると費用が安く効率的に業務を回せるのか?
今のシステムで出来なかったとしたら、どう改善すればいいのか?
こういった事をしっかり理解しお客に提案できなければただのカスSEだ。

 

他にもネットワーク構成やインフラの知識、セキュリティの知識も必要だ。
例えば、運用中のシステムでネットワークがボトルネックになっているが、
どうやって対応したらいいか?といった事もきちんと答えられなくてはいけない。

 

それに、データベースの知識も必要だ。
現実のシステムは大量のデータを扱うため必ずといって良いほど、
速度面で難が出てくるものだ。

 

システムを運営したら5分経過しても結果が返ってこないとか普通にある。
例えばGoogleで検索して5分も結果が返ってこなかったら大問題だが、
現実のシステムを運営しているとそのような不具合は良く発生する。

 

そして、問題が出たらデータベースのチューニングが必要だが、
これもOracleブロンズやシルバークラスの高い技術レベルが必要だ。
決して Select ほにゃらら.tbl from ほにゃららテーブル where この条件で!
みたいなSQLが組める程度の技術力ではマジで話にならない。

 

そして、オレは上記の事全てがほとんどと言っていいほど分からなかった。
だからオレはSEのなりたての当時は上司や先輩に丸々面倒を見て貰っていたが、
日に日にオレにはこの業界は向いていないという想いが膨らむばかりだった。

 

自分の技術力はこんなに低いんだなと痛感したと同時に、
IT業界では絶対にやっていけないと思った。
これはオレが仕事を辞めた理由の一つだ。

 

実はプログラマという仕事は案外スキルアップに励まなくても何とかなってしまう。
何故なら難しい事はSEがかみ砕いてわかりやすくプログラマに仕事を回してくれるからだ。
分からない事があればWEBで調べてソースをコピペすればなんとかなる。

 

だが、そんなスキルのままではSEになってからオレのように必ず死亡するし、
レベルの低いプログラマのままでは将来仕事が完全になくなってしまう。

 

つまりIT業界でやっていくためにはプログラムが組めるだけで良いというわけではない。
常に最新の技術を追い求め、サーバーやインフラ、ネットワーク、データベースなど、
色んな技術を知り、勉強していかなくては決して勤まらない業界だ。

 

逆にそれが出来ない人は早めに方向転換しなければ
マジで取り返しがつかなくなってしまうとオレは思う。

 

実際にオレはSEになって最初のプロジェクトが終わった時に
もうこの業界で生きていくことは無理だと悟って即退職願いを提出した。