SE 出来ない

SEが出来ない奴はお払い箱

SE

IT業界でオレ的に嫌だなと思う事の一つは
プログラマはいずれSEにならなければいけない事だと思う。

 

プログラムという仕事はIT業界では悪く言うと
会社の下っ端が作業をする仕事である事が多いから
歳を取って立場が上がって来るとSEになければいけない。

 

逆にSEになれず、ずっとプログラマという立場に甘んじていれば、
遅かれ早かれ会社からお払い箱になってしまうし、
会社での居場所はどんどん無くなってしまうようになる。


SEになんてできるわけがない

しかし、オレはSEにはっきり言ってなりたくなかった。

 

何故なら、自分には到底SEが出来ると思っていなかったし、
実際にSEをやった瞬間、自分の技術力にボロが出てしまったからだ。
それでIT業界を続けていく自信が無くなって会社を辞めてしまった。

 

はっきり言ってプログラマの時代は何だかんだといって、
既存モジュールやWebからのコピペの継ぎはぎでなんとかなるし、
何か問題が発生してもプロジェクトの優秀な人間に聞けば、
適切な解が出てくるから、技術力の無いオレのような人間でもなんとか勤まった。

 

しかし、SEは本当にダメだ。
SEになると技術者の真価が問われてくるようになると思う。
間違いなくプログラマより高いスキルが要求される仕事だ。
とてもオレのような人間が勤まる仕事ではない。

 

今までコピペでプログラムしかしてこなかったオレのような人間にとっては、
本当に荷の重すぎる役割だと思うし、実際にそうだった。

 

何せオレの場合はSEとして現場入りをしたら、
データベースのチューニング&パフォーマンス障害の対応や、
サーバー運用、インフラの知識を要求され、
更には顧客の深い業務知識への理解と提案などを求められた。

 

今までした経験が無い事をあれやこれやと要求されて、
本当に現場でパニックになってしまったのだ。
毎日終電とは言え、毎日会社でプログラミングをしている方がずっと気が楽だ。

 

そもそも顧客の業務知識があまり分からない。
大規模なシステムだったから、ちんぷんかんぷんだ。
その上で顧客に最高のソリューションを提案する必要がある。
サーバーもインフラも運用環境の知識も業務知識もないオレには無理としか思えなかった。

 

分からない事が1つや2つだけだったら自分で調べる努力はしただろう。

 

しかし、分からない事だらけの仕事を任されて、
分かりません、分かりませんと言っている内に、
自信が大きく失われてしまい、嫌になって会社を辞めてしまったのだ。
ほとんど逃げるようにして会社を辞めてニートになった。

 

プログラマはいずれSEになる

プログラマはいずれSEにならなければならない。
そうでなければIT業界では生き残っていけないと思う。

 

そしてSEになると更に高いレベルの技術力が要求される。
コピペでプログラムをしているレベルだと100%仕事が出来ない奴になってしまうだろう。
まさしくオレのように逃げ出すように会社を辞める事だってあるかもしれないし、
もしかするともう逃げ出してしまった人も居るかもしれない。

 

IT業界は歳を取ると高いレベルの技術力を要求される。
SEのように提案しなければならない側の人間は尚更だと思う。

 

人に教えるためには教わる側の3倍の知識は必要だ。
つくづくIT業界は技術力が無いと話にならないと思い知った。